Top >  その効果 >  加圧トレーニングと血管年齢について

加圧トレーニングと血管年齢について


加圧トレーニングを行うことで血行が良くなると言われていますが、加圧トレーニングを行うことで血管壁の弾力性が向上し、血管年齢が若返るとも言われているということをご存知でしょうか? 加圧トレーニングを行うことで、血管内皮細胞から一酸化窒素が発生し、血管壁の弾力性が向上し、血管年齢が若返るというのです。

血管は運動不足や加齢等から硬くなってゆき、少しずつ弾力性を失い、血管年齢も老化してゆきます。 血管が弾力性を失うことで血液の流れが悪くなり、新陳代謝や基礎代謝が低下してしまいます。 そして、新陳代謝や基礎代謝が低下することによって、細胞機能も低下してしまい、老化が促進してしまいますので、とても悪循環なのです。 また、血管が弾力性を失うことで脳疾患や虚血性心疾患等の生活習慣病を引き起こす可能性も高まってきます。

では、血管年齢を若返らせるために加圧トレーニングを実践したいという方に、加圧トレーニングについて簡単に説明させて頂きます。 加圧トレーニングは資格を持っているトレーナーに教えてもらいながら行うことが推奨されている専門的なトレーニング方法なのです。 加圧トレーニングを導入している専門の加圧トレーニングスタジオ等で行うのが最も分かりやすく、最も早く、最も安全だと思います。 しかし、加圧トレーニングスタジオに通うには、費用がかかってしまいますよね。

加圧トレーニングの共同開発者である宝田雄大さんが、圧力をかける目安や、身近にある道具を使い加圧バンドを自分で作る方法や、トレーニング方法等が書かれた「薬いらずの肉体改造法」という本を出版しています。 まずは、この本を読んで加圧トレーニングを体験してみるのも良いかもしれませんね。

 <  前の記事 水泳+加圧トレーニングは危険?  |  加圧トレーニングのトップページ  |  次の記事 心臓リハビリテーションにおける加圧トレーニング  > 




FXトレードネットの口コミ
更新履歴