Top >  トレーニングのやり方 >  水泳+加圧トレーニングは危険?

水泳+加圧トレーニングは危険?


身体に負荷が少なくリハビリとしても行われているトレーニングといえば、加圧トレーニングと水泳です。 東京都の世田谷区に「筋水館加圧スイム」という水泳スクールがあるのですが、筋水館加圧スイムのコースの中に「加圧スイム」というものがあります。 これが原因なのかは分かりませんが、泳ぎながら加圧トレーニングを行いたいとおっしゃる方が時々いらっしゃいます。 しかし、加圧ベルトのメーカーでも禁止とされているので、絶対に止めましょう。

何故加圧トレーニングと水泳を併用することが、禁止されているのかと考えてみました。 一人で泳いでいるときに万が一気を失った場合や、疲れて力が入らなくなってしまった場合等に、溺れてしまうからではないでしょうか? 最悪の場合死んでしまうことにもなりかねないことですので、禁止になるのは当然だと思います。

加圧トレーニングと水泳を併用することで、効率良くトレーニングを行えるとういことは無いのですが、どうしても加圧トレーニングと水泳を組み合わせてトレーニングを行いたいという方は、泳いだ後に加圧トレーニングを行うようにしてみましょう。

ちなみに、筋水館加圧スイムでは、専属のコーチとマンツーマンで独自のトレーニング方法によってトレーニングを行っています。 あくまでも個人で水泳と加圧トレーニングを併用することが禁止されているのです。

加圧トレーニングのみで充分効率良く鍛えられているので、無理はしないで下さい。 身体が鍛えられてくると、さらに鍛えたいと思うのが人間の本能なのですが、そもそも無理をせずに行うのが加圧トレーニングということを忘れないで下さい。

 <  前の記事 芸能人と加圧トレーニング  |  加圧トレーニングのトップページ  |  次の記事 加圧トレーニングと血管年齢について  > 




FXトレードネットの口コミ
更新履歴