Top >  筋肉増強は? >  加圧トレーニングで鍛えられるのは速筋か遅筋か

加圧トレーニングで鍛えられるのは速筋か遅筋か

筋肉は大きく分けて、瞬発力を発揮する速筋と持久力を発揮する遅筋がありますが、これはそれぞれ鍛え方が違います。

速筋を鍛えたければ、いわゆる筋トレという最大筋力の70%くらいの重たい負荷を与えてトレーニングをしますし、遅筋を鍛えたければ、マラソンなどのように軽い負荷を長時間与えてトレーニングをします。では、加圧トレーニングではどちらの筋肉を鍛えているのでしょうか?

時間が10分とか20分で済みますから速筋と思う方と負荷が軽いから遅筋だと思う方がいると思います。

正解は、加圧トレーニングは時間を短縮してくれていて、かつ軽い負荷を重たい負荷と錯覚させていることを考えてみてください。

軽 い負荷を重たい負荷と勘違いすれば、当然速筋が鍛えられます。ですから加圧トレーニングで筋肉増強ができるわけです。しかし、同時に乳酸が急激に貯められ ますから、時間が短くてよいのですが、この時間を短縮することで、長時間トレーニングを行っているのと同じことが10分や20分で起きるわけです。すなわ ち、その短時間の加圧トレーニングで長時間のトレーニングをしたように遅筋も鍛えられるのです。

ですから、正解は加圧トレーニングで速筋も遅筋も鍛えられるのです。すごいですね、加圧トレーニングとは。理想のトレーニングではないでしょうか。

 <  前の記事 加圧トレーニングは運動をしなくても効果がある  |  加圧トレーニングのトップページ  |  次の記事 加圧トレーニング&エステサロン プライムビューティーラボ  > 




FXトレードネットの口コミ
更新履歴