Top >  筋肉増強は? >  マッスルメモリー(筋肉の記憶)というのはご存知ですか?

マッスルメモリー(筋肉の記憶)というのはご存知ですか?

加圧トレーニングも通常の筋肉トレーニングも、一日トレーニングをしたら少なくとも1日は休みます。これは筋肉を回復するための休養です。ですから、時には3回することもありえますが、週に2回が理想的と言われるのです。
逆に最低は週に1回はするようにしないと、せっかくトレーニングで鍛えた筋肉が元の戻ってしまい、いつまでたっても筋肉がつかないとなってしまいます。

築き上げた筋肉も、トレーニングを止めればだんだん衰えてしまうのは、加圧トレーニングでも通常の筋肉トレーニングでも変わりはありません。

でもなかなか加圧トレーニングでも筋肉トレーニングでも、続けるのが難しいことがあります。若ければ、受験のためにトレーニングどころではないとか、会社に入れば出張が多くて、忙しくてついトレーニングをさぼってしまう、そんなことがあります。

せっかく鍛えた筋肉がトレーニングをしなければ弱くなってしまうのは悲しい事実ですが、せっかく5年も続けて築き上げた筋肉が、1年もすればかなり落ちてしまいます。

その時に「また5年も続けなければ、元の戻らない」と考えるとがっかりしてしまいます。

でも実は、まだ科学的に実証がされたわけではないようですが、現実に多くの方が体験しているように、マッスルメモリー(筋肉の記憶)ということがあるのです。

それは、5年で作った筋肉は1年でほとんどが衰えてしまいますが、それをまた筋肉トレーニングを始めると、数ヶ月程度で筋肉の量や筋力が戻ってくることがほとんどです。

プロなどでも、現役引退して1,2年で素人のような身体になってしまったのを、もう一度トレーニングをして、半年ぐらいで前のような身体を身につけることがあるのも同様です。

また自転車に乗れるようになった人は、何年も自転車に乗らなかったとしても、多少は練習が必要でも、1日か2日もあれば、自転車はまた乗りこなせるようになるはずですね。(笑)

なぜマッスルメモリーという現象が起きるかは、詳しい説明をしてくれる人はいませんが、少なくとも「筋肉が強かった時の状態を記憶している」ようなことはあるのです。

一説には、筋肉が鍛えられるのは、筋肉以外例えば神経やホルモンの働きなど、色々な組織が関わっていることが分かっていますから、それらが記憶しているだといいます。

理屈は別としても、加圧トレーニングを使えば、数ヶ月で筋肉を取り戻すことは容易なのですから、がんばってください。

 <  前の記事 どうやって脂肪を燃焼させるか  |  加圧トレーニングのトップページ  |  次の記事 加圧トレーニングの理論と実践について  > 




FXトレードネットの口コミ
更新履歴