Top >  その効果 >  加圧トレーニングは筋肉だけでなく血液にも効果が!

加圧トレーニングは筋肉だけでなく血液にも効果が!

加圧トレーニングは筋肉増強に非常に効果があることは常識になりましたが、その効果はそれだけではありません。一般的に、加圧トレーニングの効果は5大効果があるのです。

まず筋肉増強、そしてその筋肉が増えて基礎代謝も上がりますからダイエット効果もあります。3番目には、佐藤義昭さんご自身がスキーでの事故で入院した時に実証したケガなどの回復力がアップすることです。4番目に加圧トレーニングをすると通常の約300倍もの成長ホルモンが分泌されて、肌のツヤやハリを取り戻してくれる若返り・美肌効果があります。

そして最後の効果として、血管の弾力が甦り、血流も多くなる血行促進があげられます。血行が促進されると、短期的には新陳代謝が活発になり、冷え性や肩こりが改善されます。
また、長期的にはメタボリックシンドロームで高血圧や高脂血症などから、脳梗塞や心筋梗塞などが心配されますが、それは動脈硬化が深い関係があります。その動脈硬化を防ぐ意味でも、血行促進は貢献してくれます。

何故加圧トレーニングで血行がよくなるのでしょうか。加圧トレーニングは血流を適度に制限することで行いますが、制限されると血管の収縮機能が高まり、また除圧されるとどっと血液が流れましてすみずみまで行き渡ります。
この加圧・除圧で血行がスムーズになるのです。これを血流抹消抵抗値というので計ると、加圧前を1.0とすると、加圧中は1.7まで高まり、それが除圧した時には0.6まで下がりますから、血行が明らかによくなるわけです。

さらに動脈硬化は血管が硬くなってしまうことですが、加圧トレーニングを継続的に行うと、NO(一酸化窒素)が分泌されるようになります。NOは、血管内皮細胞から生まれ、血管を若返らせる働きを持っていますから、NOが加圧トレーニングで増加することは、血管が若返ることのなるわけです。

このように、加圧トレーニングで血管が若返り、血行がよくなることは、アンチエイジングの効果をあることになります。

 <  前の記事 角田信朗師範の加圧トレーニングは  |  加圧トレーニングのトップページ  |  次の記事 どうやって脂肪を燃焼させるか  > 




FXトレードネットの口コミ
更新履歴