Top >  トレーニングのやり方 >  どうやって脂肪を燃焼させるか

どうやって脂肪を燃焼させるか

ダイエットで体重を減らしたいと思っている人は多いですね。ただ体重を減らしても、筋肉が減ってはよくないことは多くの人が知ってますね。そう、できれば脂肪を減らして、体重を減らしたいと思いますね。それが正解です。

男性なら16%~20%、女性なら20%から24%ぐらいが適正と言われている脂肪率が、それより多ければダイエットをして脂肪を燃焼して脂肪率を下げることをするわけです。もし、脂肪率をそれよりさらに下げたい人もいるでしょうが、オリンピック選手などなら6%なんて人もいますし、モデルなども1桁の人が多いようですが、それはこのサイトでは取り扱っていません。

さて脂肪を燃焼するのにどうしたらいいのでしょうか?摂取カロリーを消費カロリーより少なくすれば、その足りないカロリーが脂肪を燃焼してくれる、そう思いますか?

それは、ある程度は正しいですが、実はもう少し複雑です。何故なら、カロリーが足りない時に脂肪を燃焼するだけでなく、筋肉を分解してカロリーに変えることも身体はできるのです。

しかも、脂肪を燃焼するのには、脂肪のままでは燃焼はできません。脂肪をいったん脂肪酸とグリセリンに分解されて血液中に溶け出して、はじめて燃焼ができるのです。

ですから、具体的にどう脂肪だけを燃焼するようにするには、どうしたらいいでしょうか?

答えは、加圧トレーニングをやった日は、その2時間後に脂肪燃焼がピークになりますから、その時間を中心に有酸素運動をすると、効率的に脂肪が燃焼できるのです。
加圧トレーニングで成長ホルモンが大量に分泌されるのはご存知ですね。成長ホルモンは筋肉増強の効果もありますが、同時にそれがスイッチとして脂肪が分解されるのです。それが2時間後が脂肪燃焼がピークになるわけです。

もちろん加圧トレーニングとすれば筋肉増強の効果がありますから、カロリーが少なくても筋肉が減ってしまうのは防げますが、できればプロテインなどを摂って筋肉を作るたんぱく質(アミノ酸)を用意しておくのがお勧めです。
プロテインなどのサプリメントが無理ならば、たんぱく質が豊富な食べ物を、特に加圧トレーニングの直後に摂りましょう。また加圧トレーニングに限らず筋肉トレーニングは、トレーニングの日だけでなく、2,3日間は筋肉が作られますから、その日もたんぱく質を欠かせないようにしましょう。

 <  前の記事 加圧トレーニングは筋肉だけでなく血液にも効果が!  |  加圧トレーニングのトップページ  |  次の記事 マッスルメモリー(筋肉の記憶)というのはご存知ですか?  > 




FXトレードネットの口コミ
更新履歴